初めての方へ
For Newcomers
 
パスワード・メールアドレス変更
Change password/e-mail address
Webmail
Moodle
VPN
Loyola
図書館情報検索
Library Database Search
MailngList
 
Sophia University
Open Course Ware
TV Center
 
 

総合メディアセンターからのお知らせ

お知らせ
12345
2017/02/22new

  Moodleの停止と、登録メールアドレスの設定変更について

Tweet ThisSend to Facebook

Moodleのアップグレードおよび停止と、登録メールアドレスの設定変更について

※期間の変更を行いました The date has been changed. (2017/1/19)

◆Moodle停止のおしらせ
アップグレードと年次のバックアップ作業のため、下記の期間に停止いたします
ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

・2017年3月13日9:00から3月16日17:00にかけて(予備日3/17)

◆登録メールアドレスの変更について
現在、Moodleにはソフィアメール(教員:@sophia.ac.jp 学生:@eagle.sophia.ac.jp)を登録していますが、それを個人で所有しているメールアドレス(@gmail.comや@yahoo.co.jpなど)に変更することができます。
この機能をアップグレードとともに無効にします。
以後はMoodleからのメールはすべてソフィアメールに届くことになりますので、ソフィアメールをご利用いただくと共に、必要に応じてソフィアメールから個人のメールアドレスに対して転送設定をしていただくようお願いします。


| メンテナンス
2017/02/17

  「パスワード・メールアドレス変更」のメンテナンス(2/24,27)

Tweet ThisSend to Facebook
下記の時間帯で「パスワード・メールアドレス変更」システムのメンテナンスを行います。

2月24日(金) 9:30-18:00(予定)
2月27日(月) 10:00-13:00(予定)

メンテナンス中は、パスワード変更・メールアドレスの変更、印刷ポイントの追加ができません。

ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。
| メンテナンス
2017/02/01

  入試期間中の開室スケジュールについて

Tweet ThisSend to Facebook
入試期間中(2月3日~2月9日)は入講制限があるため、関係者以外の入構ができません。
四谷キャンパスのCOM教室は、各日、入講制限解除後に開室します。
(2月4日、5日は終日閉室。また目白聖母キャンパス、市谷キャンパスはこの限りではありません。)

開室している教室や時間帯の詳細は、教室利用状況システムをご確認ください。
また、入構制限期間については上智大学公式サイト(入試期間中の入構制限について)をご覧下さい。
| お知らせ
2017/01/31

  【再掲】Microsoft社を装ったフィッシングメールについて

Tweet ThisSend to Facebook
Microsoft社を装ったフィッシング詐欺のメールが複数送信されています。

メールに記載されたURLにアクセスし、IDやパスワードを入力するとアカウントを乗っ取られてしまう危険性があります。
添付もしくは記述されているURLをクリックしない、メールの送信元に連絡をしないなど、十分にご注意ください。

また、そのようなメールが届いた場合は、メディアセンターの問い合わせ窓口(media-support[アットマーク]sophia.ac.jp)までご転送ください。
メールに記載されているURLに、学内からアクセスできないように無効化します。

以下は実際に送信されているメールの例です。(一部伏字にしてあります。)
--(メール本文ここから)-----------------------------------------------------------

差出人: *****@microsoft-securityprotection-support.com
件名:ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。

セキュリティ警告!!

お使いになっているオフィスソフトの授権が終了されてしまう可能性があります!!

日本マイクロソフトセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーをされた可能性があることを発見しています。

攻撃者はお使いのオフィスソフトのプロダクトキーを利用して他のオフィスソフトを起動しようと試みています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないため、お手数ですが、直ちに検証作業をしてくださいますようお願いします。

検証作業をしていただけない場合、日本マイクロソフトはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了させていただきますので、ご了承ください。

今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できますまた、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。
------------------------------------------------------------------------------

今回の内容に限らず、攻撃の意図を持ったメールはいつでも送信される場合があります。
覚えのないメールアドレスからのメールや送信者の連絡先が無いようなメールは可能性が高いので、添付ファイルや誘導されたURLのリンク先等は開かないでください。
必要な場合は相手の確認を取ってからの対応してください。
| お知らせ
2017/01/26

  コンピュータアカウントの削除/継続利用について

Tweet ThisSend to Facebook
総合メディアセンターでは、卒業/修了(満期退学含む)・退職者等のアカウントを学期末(3月30日12:00)に一括削除します。
アカウント削除の対象者でなくとも、一部利用できない期間が生じることがありますので、下記の内容についてご注意ください。


 ※アカウントが削除されると…
  • コンピュータルームやCALL教室等のパソコンが利用できなくなります。
  • 授業用/個人用ホームページを作成・公開できなくなります。
  • MyFolder(Oドライブ)に保存したファイルがすべて消去されます。
  • ホームディレクトリに保存したファイル(UNIXシステムを利用した計算プログラム、計算結果等含む)等がすべて消去されます。
  • 【一部の方】メールアドレスが削除され、以前のメールが参照できなくなります。
  • 【退職される場合】メールアドレスが変更になり、以前のメールが参照できなくなります。

身分別の詳細については下記をご確認ください。

【学生】

【教員・研究員】



【学生】

【2017年3月に卒業/修了(満期退学含む)しない学生】

 ソフィアメール 3月30日以降の利用
~@eagle.sophia.ac.jp
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)
○ 
  • 在学中は転部・転科をしない(=学生番号が変わらない)限り自動的にアカウントが継続されます。
  • 留年予定の方は自動的にアカウントが継続されます。


【2017年3月に卒業/修了(満期退学含む)見込みの学生】

[正規生の方]: 

学部生(A)/大学院博士前期課程生(B)/大学院博士後期課程生(C)法科大学院生(E)

助産学専攻科生(W)/社会福祉専門学校生(S)/短期大学部生(T) の方


 ソフィアメール 3月30日以降の利用
~@eagle.sophia.ac.jp
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)
×
  • 3月30日(木)12:00以降、メディアセンターの提供するサービスは利用できません。
  • My Folderの中身など、保存しておきたいデータは、各自で必ずバックアップを行ってください。
  • メールアドレスは、卒業後も継続して利用できます。
  • ただし、One Drive利用できなくなり、保存されているデータは全て削除されます。
  • また、無料版Officeは使用できなくなります。詳細はこちらをご確認ください
  • 短期大学部生の方は、卒業後はメールアドレスを変更できるようになります。



[非正規生の方]
:交換留学生(H)/ノン・ディグリー生(I)/研究生(K)神学部特別研修生外国人特別研究生(L)科目等履修生(U)委託聴講生(M)聴講生(N)その他の学生(O)交流学生(国内留学)(単位互換)(P)の方

 ソフィアメール 3月30日以降の利用×
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)
×
  • 3月30日(木)12:00以降、メディアセンターの提供するサービスは利用できません。
  • My Folderの中身やメールデータなど、保存しておきたいデータは、各自で必ずバックアップを行ってください。
  • メールアドレスは、卒業後は利用できませんので、ご注意ください。


【2017年3月に学内進学見込みの学生/転部・転科見込みの学生】

 ソフィアメール 3月30日以降の利用
~@eagle.sophia.ac.jp
※ログインIDが変更になります
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)

※ログインIDが変更になります
  • 2017年3月に卒業・修了し2017年4月に学内進学される方、あるいは転部・転科をされる方は、ログインIDのみ、新しい学生番号に変更になります。メールアドレス、One DriveおよびOドライブに保存したファイル等はそのまま利用できます。
  • 3月30日(木)12:00以降、新しい利用許可書を受け取るまでは、ソフィアメールを含む、メディアセンターの提供するサービスは利用できませんので予めご了承ください。
  • 新しい利用許可書は学生証と一緒に配布されます。
  • 利用ができない期間も、ソフィアメールアドレスへのメールの受信は行われています(送信はできません)。宛先不明で返却されることはありません。
  • 利用ができない期間にソフィアメールを確認したい場合は、事前に別のメールアドレスに転送設定を行ってください。

【2017年4月にその他の身分(教員・研究員等)に変更見込みの学生】

  • 2017年3月に卒業・修了し、2017年4月に本学の教員・研究員等になる予定の方は、コンピュータシステム利用申請書をご提出ください。
    (総合メディアセンターで把握ができず、アカウントを無効化してしまう可能性があります。)



【教員・研究員】

【2017年3月に退職しない教員・研究員】

 ソフィアメール 3月30日以降の利用
~@sophia.ac.jp
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)

  • 引き続き在籍される方は、アカウントが継続されます。
  • 研究員の方、職制アカウントなどその他特別に利用を認めているアカウントは、総合メディアセンターから事前に送付される在籍確認にご回答いただいている必要があります


【2017年3月に退職する教員・研究員】

[専任/常勤嘱託/特任/実務家/出向/特別契約 教員の方]

 ソフィアメール 3月30日以降の利用
~@eagle.sophia.ac.jp
※メールアドレスが新たに付与されます
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)
×
  • 3月30日(木)12:00以降、メディアセンターの提供するサービスは利用できません。
  • 保存しておきたいデータは、各自で必ずバックアップを行ってください。
  • 在職中のメールアドレス「~@sophia.ac.jp」は、退職と同時に利用が出来なくなり、メールボックスの中身も削除されます。
  • 退職後も利用できる、新しいメールアドレス「~@eagle.sophia.ac.jp」が付与されます。詳細は、退職手続きの際に人事局より配布される「ソフィアメールアドレス(@eagle.sophia.ac.jp)の配付について」の文書をご確認ください。
  • 研究員等で引き続き在籍される方は、コンピュータシステム利用申請書をご提出ください。
    (総合メディアセンターで把握ができず、アカウントを無効化してしまう可能性があります。)


[客員/海外招聘客員 教員の方]

 ソフィアメール 3月30日以降の利用×
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)
×
  • 3月30日(木)12:00以降、メディアセンターの提供するサービスは利用できません。
  • 保存しておきたいデータは、各自で必ずバックアップを行ってください。
  • メールアドレスは、退職後は利用できませんので、ご注意ください。

[非常勤教員の方]

  2017年度に
授業を担当されている方
2017年度に
授業を担当されていない方 
ソフィアメール
3月30日以降の利用

~@sophia.ac.jp
 ×
 メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)
 ○ ×
  • 2017年度に授業を担当されていない方は、メディアセンターの提供するサービスは利用できません。
  • 2017年度に授業を担当されている方でも、3月時点で決裁が下りていない方は、在籍の確認が取れないため、メディアセンターの提供するサービスは利用できません。
    総合メディアセンターで決裁が確認でき次第、アカウントを有効化します。
  • 2017年度に授業を担当されている方で、既にアカウントをお持ちの方は、改めて利用申請をする必要はありません。
  • 客員・共同研究員等になる方は、コンピュータシステム利用申請書をご提出ください。。
    (総合メディアセンターで把握ができず、アカウントを無効化してしまう可能性があります。)


[名誉教授の方]

 ソフィアメール 3月30日以降の利用
~@sophia.ac.jp
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)

  • 名誉教授になられる方は、退職後もアカウントが継続されます。
  • 退職者しても新しいメールアドレス(~@eagle.sophia.ac.jp)は付与されません。


【客員・共同研究員等/職制アカウントなどその他、特別に利用を認めているアカウント】

 ソフィアメール 4月以降の利用×
メディアセンターの提供するサービスの利用
(COM教室、Moodle,Wi-Fi,VPNの利用など)
×
  • 退職される方、または、利用資格と継続利用の可否を総合メディアセンターで確認できなかった方は、3月30日(水)12:00以降、メディアセンターの提供するサービスは利用できません。
  • 保存しておきたいデータは、各自で必ずバックアップを行ってください。
  • メールアドレスは、退職後は利用できませんので、ご注意ください。

※上記条件に該当しない方、不明な点がある方は、総合メディアセンター(media-support[@]sophia.ac.jp)にお問い合わせください。

| 重要
2017/01/25

  春学期開始に伴う印刷ポイントのリセットについて

Tweet ThisSend to Facebook
春学期開始に伴い、下記の日程に印刷ポイントがリセットされ、新たに春学期分の印刷ポイントが付与されます。

2017年4月2日(日)21:00 ~ 4月3日(月)9:00(予定)

秋学期に余ったポイントの春学期への繰り越しはできませんので、ご留意ください。
| お知らせ
2017/01/20

  【注意喚起】日本学術振興会を装った不審なメールについて

Tweet ThisSend to Facebook
日本学術振興会より、日本学術振興会を装った科研費の繰越申請に関する不審なメールが研究者へ発信されているとの連絡がありました。
本事案の繰越申請のような研究機関を通じて行う手続きに関して、日本学術振興会から所属研究者等に直接 メールを発信することはありません。

そのようなメールが届いた場合は、研究推進センターまたは、メディアセンターの問い合わせ窓口(media-support[アットマーク]sophia.ac.jp)までご転送ください。

メールに記載されたURLにアクセスし、IDやパスワードを入力するとアカウントを乗っ取られてしまう危険性があります。
添付ファイルを開かない、もしくは記述されているURLをクリックしない、メールの送信元に連絡をしないなど、十分にご注意ください。

以下は実際に送信されているメールの例です。(一部伏字にしてあります。)
--(メール本文ここから)-----------------------------------------------------------

差出人: xxxxxxxx@gmail.com
件名: 【H29科研費】繰越申請について
添付ファイル: 【H29科研費】繰越申請について.zip

お世話になっております。
今年度の科学研究費助成事業(科学研究費補助金)の
繰越についてお知らせいたします。
翌年度に繰り越すことができるのは、計画の変更等に伴い当該年度中に使用する
ことができなかった科研費です。例えば、研究計画の終了後に余った科研費は、
繰越の対象にはなりません。
■申請の有無についての回答期限
平成29年1月26日(木) 12時【厳守】
■○○係提出期限
平成29年2月2日(木) 12時【厳守】
―――共通――――――――――――――――――――――――――――――
※特別研究員奨励費の場合、最終年度の方は科研費を繰り越すことができません。
※基金化されている課題については、手続きなく繰越が可能です。
※他機関から配分を受けている分担金の場合、繰越申請は代表者の研究機関にて
取りまとめます。締切は各所属機関によって違いますので、速やかに代表者の
先生にご連絡ください。
ご不明な点がございましたら、○○係までご連絡くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
----
日本学術振興会 ○○係
○○ ○○
xxxx@jsps.go.jp
TEL:03-3263-xxxx
FAX:03-3221-xxxx

------------------------------------------------------------------------------

今回の内容に限らず、攻撃の意図を持ったメールはいつでも送信される場合があります。
覚えのないメールアドレスからのメールや送信者の連絡先が無いようなメールは可能性が高いので、添付ファイルや誘導されたURLのリンク先等は開かないでください。
必要な場合は、相手の確認を取ってからの対応をとってください。
| お知らせ
2017/01/19

  「パスワード・メールアドレス変更」のメンテナンス(2/2)

Tweet ThisSend to Facebook
下記の時間帯で「パスワード・メールアドレス変更」システムのメンテナンスを行います。

2月2日(木) 10:00-18:00(予定)

メンテナンス中は、パスワード変更・メールアドレスの変更、印刷ポイントの追加ができません。

ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。
| メンテナンス
2017/01/13

  春休み中は教材準備室の利用ができません

Tweet ThisSend to Facebook
地下2階の改装工事により、春休み期間中は教材準備室付近への立ち入りが禁止されるため、教材準備室の利用ができません。

利用不可期間:2017年2月1日(水) ~ 3月24日(金)(予定)

工事日程の関係で開室できる日がある場合には、別途お知らせいたします。

なお、試験期間中の教材準備室の開室日程は以下のとおりです。
 ・1月25日(水) ~ 31日(火) 9:00~17:00

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
| 教材準備室
2017/01/12

  【注意喚起】Microsoft社を装ったフィッシングメールについて

Tweet ThisSend to Facebook
Microsoft社を装ったフィッシング詐欺のメールが複数送信されています。

メールに記載されたURLにアクセスし、IDやパスワードを入力するとアカウントを乗っ取られてしまう危険性があります。
添付もしくは記述されているURLをクリックしない、メールの送信元に連絡をしないなど、十分にご注意ください。

また、そのようなメールが届いた場合は、メディアセンターの問い合わせ窓口(media-support[アットマーク]sophia.ac.jp)までご転送ください。
メールに記載されているURLに、学内からアクセスできないように無効化します。

以下は実際に送信されているメールの例です。(一部伏字にしてあります。)
--(メール本文ここから)-----------------------------------------------------------

差出人: *****@microsoft-securityprotection-support.com
件名:ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。

セキュリティ警告!!

お使いになっているオフィスソフトの授権が終了されてしまう可能性があります!!

日本マイクロソフトセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーをされた可能性があることを発見しています。

攻撃者はお使いのオフィスソフトのプロダクトキーを利用して他のオフィスソフトを起動しようと試みています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないため、お手数ですが、直ちに検証作業をしてくださいますようお願いします。

検証作業をしていただけない場合、日本マイクロソフトはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了させていただきますので、ご了承ください。

今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できますまた、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。
------------------------------------------------------------------------------

今回の内容に限らず、攻撃の意図を持ったメールはいつでも送信される場合があります。
覚えのないメールアドレスからのメールや送信者の連絡先が無いようなメールは可能性が高いので、添付ファイルや誘導されたURLのリンク先等は開かないでください。
必要な場合は相手の確認を取ってからの対応が必要です。
| お知らせ
12345