Office365のデータをバックアップする(Windows版Outlook)

Windows版 Outlook2013を使ってバックアップする。
受信箱・送信箱など、フォルダごとpst形式でエクスポートし、Windows版 Outlook2013にインポートします。

エクスポートしたデータを参照するためには、エクスポートしたOutlookと同じか、それ以降のバージョンのOutlookが必要です。
Mac版Outlookでエクスポートしたデータを、Windows版Outlookで参照することはできません。


※POP形式でソフィアメールを受信している方は、メールデータがパソコン上にダウンロードされていますのでバックアップの必要はありません。

ExchangeまたはIMAPで受信している方のみ、以下の操作を行ってください。


■データをエクスポートする

1. メニューの[ファイル]-[開く/エクスポート]-[インポート/エクスポート]をクリックします。


2. [ファイルにエクスポート]を選択して[次へ]をクリックします。


3. [Outlook データファイル (.pst)]を選択して[次へ]をクリックします。


4. バックアップしたいメールアカウントを選択し、[次へ]をクリックします。


5. エクスポートしたデータを書き出すファイル名(任意)を入力します。


6. 適当なパスワードを設定します。

※メディアセンターアカウントのパスワードとは異なりますので、任意に指定してください。



7. 前項で設定したパスワードを入力します。エクスポートが始まるので完了するまでお待ちください。



■エクスポートしたデータを参照する
1. メニューの[ファイル]-[開く/エクスポート]-[Outlookデータファイルを開く]をクリックします。


2. エクスポートしたファイルを指定して[OK]をクリックします。
パスワード入力画面が表示された場合は、エクスポート時に設定したパスワードを入力します。インポートが始まりますので、終了するまでお待ちください。


3. [Outlookデータファイル]という項目が作成され、データが取り込まれていることを確認します。
※フォルダの順番が、エクスポートする前と異なる場合があります。