初めての方へ
For Newcomers
 

ICT Office

パスワード・メールアドレス変更
Change password/e-mail address
Office365 教職員ログイン
Office365 Teachers login
Office365 学生ログイン
Office365 Students login
Moodle
VPN
MailngList
 

Other Services

Loyola
図書館情報検索
 
Sophia University
Open Course Ware
TV Center
 
 

情報システム室からのお知らせ

お知らせ
12345
2019/03/19new

  sophiawifi2019の使用を開始しました

Tweet ThisSend to Facebook
情報システム室ではWi-Fiのリニューアルを行い、新たに「sophiawifi2019」を利用できるように整備しました。

マニュアルはこちらをご覧ください(マニュアル ⇒ 02_学内無線ネットワーク)。


■sophiawifi2019の特徴

・従来のsophiawifiに比べ、設定は若干難しいですが、一度接続すると(※)、再認証は不要です。
※卒業・退職・離籍などで無効化されます

・セキュリティが強化されています。

■従来のsophiawifiについて
・当面の間は利用可能としますが、2019年10月ごろをめどに無効化する予定です。
 可能な限り、sophiawifi2019をご利用ください。



2019/03/19new

  Moodle講習会のお知らせ(4/8~4/11)

Tweet ThisSend to Facebook
Moodle講習会のお知らせ(4/8~4/11)
以下のとおり「Moodle」の講習会を実施いたします。
初めてMoodleを利用される先生は、できる限り「Moodle基本説明会」へご参加ください。

■実施日時
※「Moodle:コースバックアップ&リストア」は同内容で6回開催します

◇2019/4/8(月)
 10:00~11:00  Moodle基本説明会(日本語)
 15:00~15:30  Moodle:コースバックアップ&リストア(日本語)予約不要

◇2019/4/9(火)  
 13:30~14:30  Moodle基本説明会(日本語)
 15:00~15:30  Moodle:コースバックアップ&リストア(日本語)予約不要 

◇2019/4/10(水)  
 10:30~11:00  Moodle:コースバックアップ&リストア(日本語)予約不要
 15:00~15:30  Moodle:コースバックアップ&リストア(日本語)予約不要

◇2019/4/11(木)  
 10:30~11:00  Moodle:コースバックアップ&リストア(日本語)予約不要
 15:00~15:30  Moodle:コースバックアップ&リストア(日本語)予約不要


■場所
2号館 B2F CALL-D教室


■コースについて
◇Moodle基本説明会(質疑応答入れて1時間程度) 
・新しいコースの作成/登録キーの設定
・ドラッグ&ドロップでファイルアップロード
・「課題」「Turnitin課題」の設定
・リソース/活動/トピックの表示・非表示
・設定した項目の削除/移動
・学生ロールでの確認
・メッセージ
・授業支援ボックスのご紹介


◇Moodle:コースバックアップ&リストア(質疑応答入れて30分程度)
・今まで使用してきたコースの学生情報を削除して、
 新しいコースとして再利用する方法をご説明します


ご参加希望の場合、以下必要事項をご明記の上
pc-classroom@sophia.ac.jp宛にお申し込みください。
・件名:講習会参加
・教職員番号
・氏名
・参加希望日時/コース


<ソフィアICTアカウント(メディアセンターアカウント)について>
Moodleを使用するためには、ソフィアICTアカウントが必要です。
特に非常勤の先生方につきましては、初めて利用する前に申請が必要となります。
※アカウントの即時発行はできませんので
あらかじめメールやFAXなどでお申し込みください。
情報システム室ホームページに、申請書(01_コンピュータ・システム利用申請書.pdf)
をご用意しています。
http://ccweb.cc.sophia.ac.jp/documents/#_216


なお、説明会へご参加が難しい場合には、教材準備室(2号館 B2F)にて
専門技術スタッフにて質問を受け付けています。

※学期初め、職員は(そのほかの業務もあり)非常に多忙となりますので、
 ご質問等につきましては、十分に対応しきれない場合もございます。
 あらかじめご了承ください。
 特に、コースバックアップ&リストアにつきましては、お問い合わせが多く、
 個別のご質問は受けかねる状況となります。
 マニュアルを参照してご自身で作業いただくか、説明会への参加をお願い
 いたします。

| お知らせ
2019/03/19new

  【完了】3/19 パスワード変更・メールアドレス変更・印刷P追加不可

Tweet ThisSend to Facebook
メンテナンスは終了しました。
ご協力ありがとうございました。


------ 2019/3/18 初出
統合DB緊急メンテナンスのため、下記の日程で、パスワード変更・メールアドレス変更・印刷ポイント追加ができません。

2019/3/19(火)10:00 ~ 13:00(予定)

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
2019/03/18new

  3/19 パスワード変更・メールアドレス変更・印刷P追加不可

Tweet ThisSend to Facebook
統合DB緊急メンテナンスのため、下記の日程で、パスワード変更・メールアドレス変更・印刷ポイント追加ができません。

2019/3/19(火)10:00 ~ 13:00(予定)

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
2019/03/14

  トレンドマイクロ社ウイルスバスターの配布を開始しました

Tweet ThisSend to Facebook
ウイルス対策ソフト トレンドマイクロ社ウイルスバスターの配布を開始しました

詳細については、こちらのページをご覧ください。



2019/03/08

  最終報 2/28(木) よりソフィアメールの送信者名表示が変わります

Tweet ThisSend to Facebook
2019/03/08 17:00

送信者名の変更について、現在想定と異なってしまっている状況について、情報システム室としては当初の想定の通りに動作するよう修正するのではなく、現状を追認するという決定をいたしました。

送信者名の変更機能についての挙動は、下記となります。
  • 教職員については、ソフィアメールでメールを送信した際には、受信者のFromには「受信者が学内外である/ないにかかわらず」常に送信者名表記がアルファベットで表示されます。
  • 教職員については、統合DBの送信者名表示変更画面で修正を行うと、「受信者が学内外である/ないにかかわらず」常にその設定したとおりに表示がされます。
  • 学生・卒業生・退職者については、特に従来の説明との差異はありません。
送信者名の変更に関する説明のWEBページはすでに修正済みですが、送信者表示名を変更する画面の警告の削除については若干時間を要する可能性があります
わかりづらい状況となり、大変申し訳ありませんが、ご了承ください。


---------------------------------------

2019/02/28 18:00

送信者名の変更を行いましたが、以下の事象が発生しています。

想定:教職員について、もともとは「学外(@sophia.ac.jp以外)に送信する場合にのみ」送信者名表記がアルファベットになる想定であった

実際におこなわれた変更内容:教職員について、「学内外の受信にかかわらず」常に送信者名表記がアルファベットになっている

メールシステムの特性上、事前に十分な検証を行うことができず、想定が誤っていたことにより、ご心配・ご不便をおかけし、申し訳ありません。
このことによる支障がないかどうか、影響調査および検討を行っております。

よろしくお願いいたします。

---------------------------------------

2月7日付で先行してお知らせしましたが、
2019年2月28日(木)より、ソフィアメールを送信した際に、受信した相手に差出人(From)として表示される「送信者名」が変わります。
  • 教職員および業務用メールアドレスは、学外に送信する場合の送信者名がアルファベット表記のみになります(日本語は表示されません)。
    日本語表記が必要な場合には、署名等でご対応ください。
  • 教職員、卒業生、退職教員の方は、送信者名を任意の文字列に指定できるようになります(半角のみ、全角不可)。
  • 在学生は送信者名を変更することはできません。

詳細は、下記のページをご参照ください。
https://ccweb.cc.sophia.ac.jp/userguide/mail/mail_05/
| お知らせ
2019/03/08

  Office365 ソフィアメールへのアーカイブ追加について

Tweet ThisSend to Facebook
表題の件で、職員のソフィアメールへの移行準備のため、現時点でソフィアメールを所持する教職員について、「インプレースアーカイブ領域」を有効にする処理を行いました。
新しく「インプレースアーカイブ」というフォルダが追加されますのでご留意ください。

  • この「インプレースアーカイブ」領域については、職員のNotesメールを移行する対象として設定しますが、それ以外の用途でも使用は可能です。
  • 通常のメールボックスがいっぱい近くなってしまった場合(50GB)、この「インプレースアーカイブ」フォルダにメールを移動することで、合計100GBまでメールを使用できるようになります
  • 数年経過したメールについて「インプレースアーカイブ」に自動的にメールを移動する機能がありますが、本学の環境では無効にしてあります。


インプレースアーカイブについて詳しく確認されたい場合はこちらのページを参照ください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/policy-and-compliance/in-place-archiving/in-place-archiving?view=exchserver-2019

また、このインプレースアーカイブについてのマニュアルへの追記は、職員の移行と同時に行う予定ですが、以下のような見え方となります。


2019/03/07

  【完了】Moodle停止について 3/4-3/8

Tweet ThisSend to Facebook
バックアップは完了しました。
ご協力どうもありがとうございました。


----- 2/15 初出
Moodleは年次のバックアップとメンテナンスのため、

2019/03/04 10:00~2019/03/08 17:00

の期間で停止させていただきます。

年々、使用量が増加しており、バックアップにも時間を要するようになってしまっています。
ご理解とご協力をお願いいたします。

| お知らせ
2019/03/07

  【作業完了】3号館2Fの一部スイッチ緊急メンテナンスについて

Tweet ThisSend to Facebook
2019/03/08 11:00

本件については対応が完了しました。
実際の停止時間は30秒ほどで完了いたしました。

ご心配をおかけしまして、申し訳ありませんでした。

-------------------初出 2019/03/07 17:00--------------------
3号館2Fの一部スイッチ緊急メンテナンスについて

上記のスイッチについて障害があり、緊急で交換を行うため、
下記の時間帯で交換をさせていただきます。
 
2019/3/8(金) 10:00~10:30(ネットワークが停止する時間は10分程度を見込んでいます)

対象:
  228
  229
  233A
  233B
  234A
  234B
  235A
  235B
  236
  237
  238A
  238B
  239
  240
  241A
  241B
  242
  243A
  245B
  246A
  247
  250A


利用者の方々には大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただければ幸いです。


2019/03/06

  高速演算サーバーの廃止について

Tweet ThisSend to Facebook
下記のお知らせにて告知を行っておりましたが、本日、高速演算サーバーを停止いたしましたので、ご連絡いたします。



演算サーバーのsaisanakiyogoおよび授業用演算サーバーのsagami、dahlmanは2019年度以降も引き続き利用可能です。

 

------------------再掲------------------------

 

【教員向け】ソフトウェアの配布について

 

IMSLライブラリ

2019年2月を以って高速演算サーバーの運用を停止することに伴い、現在サーバーで利用可能なCFortran用のIMSLライブラリの貸出を開始します。

利用を希望される方は、Sophiamailにログインした上で、下記の申込フォームから申請を行ってください。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=p-YOaaVN3E-jFrtZnYKl0kswzehR3VNFjSpcXUavtTdUMzVOUFk1N0VQMENTSVRWNEdQRThUVE82VS4u

 
Gaussian

2017年に最新バージョンのGaussian16LinuxGaussViewに加え、Windows版を購入し、また、学内に対して配布を行っています。

配布については、こちらをご覧ください。

 

◆開発環境(CC++など)

提供の予定は特にありません(各自のPCで十分構築可能なため。)。

 

MatlabLinux版)

既にWindows版がCOM教室には配備されています。(高速ではない通常の)演算サーバーは使用を継続するため、LinuxMatlabを利用することは可能ですが、大容量のデータ計算はできません。


12345