初めての方へ
For Newcomers
 

Media Center

パスワード・メールアドレス変更
Change password/e-mail address
Webmail
Moodle
VPN
MailngList
 

Other Services

Loyola
図書館情報検索
Library Database Search
 
Sophia University
Open Course Ware
TV Center
 
 

総合メディアセンターからのお知らせ

お知らせ >> 記事詳細

2017/10/18

  無線LAN通信規格(WPA2)の脆弱性について

Tweet ThisSend to Facebook
2017年10月17日、無線LANで使用されている通信規格(WPA2)に、複数の脆弱性があることが公表されました。WPA2は通信内容を暗号化する機能を持っていますが、この脆弱性を悪用されると暗号化された通信が盗聴され、大事なデータが流出する危険性があります。

このことは、本学で利用できるeduroamも例外ではありません。利用者各位には、各社の製品情報をホームページなどで確認の上、ソフトウェアのアップデートを行うなど、適切な対応を実施してください。
適切な対応策を実施するまでは、無線LANを介して、個人情報などを含む重要な情報のやり取りは控えることお奨めします。

[対応策について]

(1) Windowsをご利用の場合は、10月18日現在の最新のWindows Updateを適応することで、この脆弱性による危険性を回避できます。

(2) その他のデバイス(macOS, Linux, iOS, Androidなど)については、10月18日現在ソフトウェア・アップデートの対応はありません。しかし、いずれも数週間中には公開される見込みなので、製品発売元の情報に注意し、速やかにOSのアップデートを行ってください。

(3) 研究室やご自宅で無線LANルータをご利用の場合も、製品発売元の情報に注意し、適切な対応を実施してください。機種によっては、ファームウェアのアップデートなどの対応が必要となる場合もあります。
| 重要