利用ガイド

VPN(学外から学内向けサービスに接続する)

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、自宅等の学外からインターネットを介して、学内ネットワークに接続し、学外で使用しているコンピュータが、あたかも学内ネットワークに繋がっているように使用することが出来るサービスです。
これにより、学内からしか利用できなかったサービス(学内専用Webページ、図書館の電子ジャーナル等)を、学外から利用することが出来るようになります。

利用方法の詳細は、申請書・マニュアル ページの[VPNサービス]からマニュアルをご参照ください。

利用は以下のアイコンをクリックするか、こちらへアクセスください。

利用条件

  • 学外インターネットに接続していること(学内NWからはVPNに接続することはできません)。
  • 最新のブラウザやOSでは必ずしも利用ができない場合があること(ブラウザが変更されると、VPN機器側で対応が行われ、アップデートされますが、時間がかかることがあります)
    突然利用ができなくなった場合には、まずはブラウザを変更して試してみてください。
  • インターネットカフェ等、不特定多数の人が使用するPCでは行わないこと。  
  • OSのセキュリティ対策およびウィルス対策ソフトウェアを使用し、最新のものにアップデートしておくこと。

技術的な補足

  • VPNが確立されると教研系NWに接続されます。
    • VPNを経由して学外への通信を行う場合には、こちらのページで説明する制限がかかります。
    • VPNを経由して学内への通信を行う場合には、「セキュリティ低」のNWに対しては制約がかかりません。ただし「ホテル品質:セキュリティ高」のNWに対してはアクセスができません。
  • VPNに接続しても、プライベートNW(192.168.0.0/16)に対しての通信は、VPN機器に送りません。例えば自宅等で構築されるNWが192.168.0.0/16に含まれていれば、VPNを接続したまま利用可能です。ただし、10.0.0.0/8や172.16.0.0/16についてはVPN機器に送信されるようになっています。

VPN接続ができない場合

VPN接続ができない場合は、以下の方法をお試しください。

  1. 使っているブラウザを変えてみる
    使っているブラウザ(ウェブページを閲覧するソフト)を変えてみて、閲覧できるかを確認してください。
    ブラウザには、FireFox、Google Chrome、Internet Explorer、Edge、Safariなどがあります。
  2. VPNクライアントソフトの再インストール
    トラブルシューティングツールをダウンロードし、マニュアルの手順にてVPNクライアントのアンインストールを実行。
    アンインストール後一度PCの再起動していただき、VPNの設定をお試しください。
    ・マニュアル(PDFファイル)
    クライアントソフトウェア削除マニュアル
    ・トラブルシューティングツール
    f5wininfo.zip
  3. ネットワークアダプターの再インストール
    ①ネットワークアダプター「_Common_sophia_vpn〜から始まるアイコン」の削除
    ②ネットワークアダプタの再インストール
    [Windows]キー+[R]キーを押し、[ファイル名を指定して実行]を開きます。
    [devmgmt.msc]と入力し、[OK]をクリックします。[デバイスマネージャ]が起動します。
    ネットワークアダプターを展開し、以下の2つを右クリックし[デバイスのアンインストール]を選択します。
     WAN Miniport(IP)
     WAN Miniport(PPTP)
    PCを再起動します。削除したデバイスの再インストールが自動的に実行されます。

<ご参考>
大学外のサイトになりますが、①は以下URLの「1 コントロールパネルからネットワークアダプタを削除します」、②は「2 デバイスマネージャからドライバを削除します」をご参考ください。
参考ページ