利用ガイド

【教職員】MicrosoftのOSおよびOfficeの提供について

情報システム室では、Microsoft社のOSおよびOfficeソフトのインストールデータのダウンロードサービスを行っています。業務用、研究用にPCを購入する場合に、Officeソフトを購入する必要はありません。
上智学院の資産となっているPCで、学内ネットワークに接続しているPCに限り利用が可能です。
下記の利用条件をご理解のうえ、同意いただける場合のみご利用ができます。

※情報システム室で提供しているOfficeとは別に、在籍中の教職員についてはソフィアメール(Office365)の特典により、Officeの最新バージョンが自宅のPCで使用可能となります。両者の使い分けについては こちら(PDF)をご参照ください。

 

対象

  • WindowsOSのEnterprise
     (バージョン:8.1、10 bit数:32bit、64bit 言語:日、英)
  • Office Professional
     (バージョン:2019 bit数:32bit、64bit 言語:選択式)
     (バージョン:2016 bit数:32bit、64bit 言語:日、英)
  • Office for Mac
     (バージョン:2016、2019 言語:多言語)

 

ダウンロード方法

まず、ブラウザから ソフィアメール にログインしてください。
下記のサイトから、お使いになるソフトをダウンロードしてください。

https://sophiamail.sharepoint.com/sites/sophiaportal/ictoffice/SitePages/Microsoft.aspx

DVDメディアによる貸し出しをご希望の場合は、情報システム室の窓口にお越しください。その際に、必要なバージョン、bit数と言語(日英)を事前にご確認下さい。
※bit数の調べ方 : http://support.microsoft.com/kb/958406/ja

【重要】Office2019については、MicrosoftからDVDイメージが提供されませんので、情報システム室でもDVDを配付することはできません。

 

利用条件

上智学院の資産 となっているPCに限り、利用ができる。自費で購入したPCでは使用できない(ライセンス違反であり、発覚した場合は個人がその責を負う)。

  • 通常は学内ネットワークに接続して利用すること。
  • 初回導入時は、DNSサフィックス登録を行うこと。(Windowsのみ。Macは実施不要)。180日(6か月)の間、学内ネットワークを通じてライセンスサーバーと認証が行われないと、警告が出る。手順についてはDNSサフィックス手順.pdf をご覧ください。
  • インストール完了後、WindowsのPCであれば必ずWindows Updateを実施すること。Macであれば更新プログラムを実行すること。実施しないと、ソフトが正しく機能しない可能性があります。
  • 使用を終えたDVDは速やかに返却すること。コピーは厳禁とする。
  • ダウンロードしたISOファイルの再配布は厳禁とする。
  • OSのアップグレード、再インストールについては、情報システム室では発生した問題に関する問い合わせを含む、一切のサポートを行わない。
  • 貸出対象や利用条件が変更された場合には、情報システム室HPおよびソフィア掲示板で告知する。
  • 【職員の方へ】事務系PCは個人でソフトウェアのアップグレードはできないため対象外。部署で独自に用意したPCが対象となりますが、情報システム室へご相談ください。 

上智学院の資産については、以下をご確認ください。

 

上智大学の資産とは

  • 上智大学、上智大学短期大学部、上智社会福祉専門学校、聖母看護学校、聖母大学の資産を含む。
  • 研究費や部署予算、学部学科等で購入し、上智学院の資産である旨のシールが貼ってある。リース、レンタルも含む。
  • 学生が主に利用する実習室などのPCであっても、上智学院の資産であり共有のPCであれば利用は可能。ただし資産であっても情報理工学科のノートPCのように、学生(特定の個人)に専有的に貸与しているPCには利用できない。

【シール例】