利用ガイド

授業支援ボックスの利用

授業支援ボックスとは

専用のフォームから作成した出席票やテストやレポートなどを授業で配布し、回収した答案に採点したものを、教材準備室(2号館地下2階)に設置されている複合機でスキャンすると、自動的にMoodleの指定したコース、課題にアップロードされます。

フォームはMicrosoft Wordで作成されています。所定の記入欄に手書きで記入した得点や学生番号をOCR(手書き文字認識処理)で読み取り、学生ごとの得点情報を登録したり、得点ー覧を自動で作成したりできます。

利用上の注意

Moodleとの連携について

  1. 事前にMoodleに出席票などを取り込むためのコースと課題を作成しておく必要があります。
  2. 学生が、上記のコースの受講者登録を行っている必要があります。登録していない場合は取り込みがエラーになり、Moodle上で結果を確認できません。
    ※MoodleはLoyolaとは連動していません。学生は自分でMoodleコースの受講登録を行う必要がありますので、確実に学生に周知して受講登録をさせてください。

Moodleについて、詳細は「申請書・マニュアル」ページに掲載している「Moodle教員用マニュアル」をご参照ください。マニュアルはMoodleトップページにも掲載しています。

フォームの読取について

授業支援ボックスは、OCR処理で手書きの文字を読み取り、情報を抽出します。OCR処理では文字を誤って認識する場合があります(1と7など)。

読み取った情報が誤っていても、OCR処理自体は正常終了となります。エラーが発生していない場合も、処理の結果を必ず確認してください。

※授業支援ボックスの利用について、詳細は「申請書・マニュアル」ページに掲載している「授業支援ボックス教員マニュアル」をご参照ください。マニュアルはMoodleトップページにも掲載しています。

専用フォーム

フォームはWordで作成されているので修正することができますが、学生番号欄、採点結果欄などの位置を変更すると、正常に読み込み処理ができなくなります。
あらかじめフォームに設定されている枠内を修正したり、枠の上に行を追加・削除したりしないでください。ご自身でフォームを修正された場合には、学生に配布する前に正常に読み取れるかテストを行ってください。

※印がついているフォームは、2号館地下2階の教材準備室で、印刷した用紙を配布しています。

出席票用(1枚で使用するもの)
レポート用(複数枚で使用するもの)